美白化粧品だけじゃない。でもハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

美白と言うと、どの化粧品がいいかという話になりがちですが、私はまずは毎日とる食品でシミ予防を心掛けています。

おすすめはトマトです。リコピンという成分が、アルブチンという美白成分として知られている成分がありますが、それと同じぐらいの美白効果があるそうで、シミを防いでくれるそうです。抗酸化作用も高く老化防止にもなります。ビタミンンCも豊富で、これはシミを予防するだけでなく薄くなる効果もあるそうです。

トマトはそのまま食べてもいいですし、トマトジュースやトマトケチャップなどいろんな製品がでているので取りやすいと思います。

もうひとつおすすめの食品はヨーグルトです。寝る前に食べることによって、お肌と腸のゴールデンタイムに乳酸菌が効率よく働き、お肌の生まれ変わりを促進させてくれるそうです。はちみつに含まれるLシステインもシミを防いでくれますので、ヨーグルトに混ぜて食べてもいいでしょう。

お肌に直接つけるものでおすすめは、ハイドロキノン配合のクリームです。こちらはシミに直接塗ります。以前病院で出してもらったことがありますが、今はネットでも買えますので自分に合った濃さのものを選んで使ってみると良いと思います。

ですが、やっぱりデリケートゾーンに関してはハーバルラビットナチュラルゲルクリームですね。これがないとデリケートゾーンだけは美白できませんから。

美白にはサプリも効果的。プラスハーバルラビットナチュラルゲルクリームで。

美白ケアといえば、美白成分が入ったスキンケアでしっかりお手入れして…。
以前の私であればこんなことを考えていたと思います。
もちろん外側からの美白ケアは有効なものです。
しかし、肌の表面から美白成分が角質層まで浸透するのはほんのわずか。
なので私は並行して内側からのケアも始めました。
それが美白サプリメントです。

 

最近では様々な美白サプリが販売されています。
その中で私が選んだのは、「肝斑」に効果のあるといわれているものです。
肝斑とは目じりの横あたりにできる薄くて大きいシミのこと。
これが私の大きなコンプレックスで、美白ケアもまさにこのシミのために行っているといっても過言ではありません。

 

これが改善されるのなら…そんなワラにもすがる思いで飲み始めた美白サプリですが、購入して約1か月。
なんと、肝斑が薄くなってきているのです!
それだけではありません。
肌自体も明るくなっています。
まさかサプリがこんなに効果があるなんて。
本当に驚いています。
体の内側からのケアがいかに大切であるかを身をもって体験した出来事でした。

 

ただし、デリケートゾーンに関してはやはりハーバルラビットナチュラルゲルクリームを使用しています。というのもデリケートゾーン専用の美白化粧品というのはなかなかありませんが、先日ガールズハッピースタイルで紹介されているのをみて、これは!と思ってしまったんですね。

 

デリケートゾーンは他の部分の肌に比べて、皮膚が弱くて、その分すぐにメラニン色素を作り出してしまうみたいなんですが、そうなるとやっぱりどうしても黒ずんでしまいやすくなってきます。だから、デリケートゾーンだけは専用の化粧品でケアしないと美白ケアはできないと思ったんですね。

 

自己処理や摩擦や蒸れ、それに洗いすぎがダメとかいろいろ言われていますが、根本的に肌が弱いとなるとそもそもダメージを受けやすいからハーバルラビットナチュラルゲルクリームのような美白クリームはデリケートゾーンには必要だと思うんです。

 

それに内側からのケアとしてメラニン色素の排出や還元に効果的なハーバルラビットナチュラルゲルクリームを付けていけばバッチリだと思ったんです。